MENU

歯医者で行うホワイトニング治療って実際どうなの?

あなたは歯医者などのデンタルクリニックでホワイトニングを受けたことがありますか?
私は過去に一度だけホワイトニング治療を受けたことがありますが、思えばかなりめんどくさかったです。

 

歯医者でのホワイトニング治療といえばほぼ9割以上の歯医者がホームホワイトニングを推奨しています。ホームホワイトニングとは文字通り自宅で行うホワイトニングのこと自分の歯型を歯医者で作成して、ホワイトニングキットを渡されて

 

 

 

【定期的にホワイトニングの効果があるかはこちらで判断するけど
あとは自分でやってね♪】

 

 

といった感じで、そのほとんどは自分で行うことになります。
ホームホワイトニングはどういった感じで行うのかというと、歯医者でホワイトニングを行うために使う上下の歯にはめ込む
プラスチックのリテーナーと呼ばれる歯型を作成します。

 

歯型の作成は石膏のようなものを上下の歯に塗り固めて、その作業によって採取した歯型を元にリテーナーが作られます。
歯の形状も歯並びも人によってバラバラなので、患者が100人いれば100通りの歯型を採取しなければなりません。

 

歯型を採取してからリテーナーが作られるまで、一週間から二週間の期間を要します。
そして一週間から二週間後にようやくリテーナーが完成して、そこからホワイトニング治療の開始です。

 

私の場合はそこで歯型とリテーナー、ホワイトニング専用のキットが入った箱を渡されて
あとは一日寝る前にリテーナーにホワイトニング専用の薬剤を塗って歯にはめ込んで自分で行う形式でした。

 

歯医者で視界が施術してくれる形式のホワイトニング治療ならよかったのですが、夜の歯磨きを終えて寝る前に行うホワイトニングがどうしても作業という形式が抜けず煩わしさがものすごかったのを覚えています。それでも高い金額を払って申し込んだのでやらずにはいられないといった感じ。

 

最初は作業と割り切って取り組んでいましたが、仕事などが忙しくなるにつれてそのまま寝てしまったり、やらない日が続き
それでも一応継続していましたが正直しんどかったのを覚えています。

 

今までの習慣でホワイトニングをすることがなかったので、それがある日突然ホワイトニングをしなければならないことがストレスになってしまったんですね。
楽しみながらやればよかったと反省していますが、ホワイトニング最終日に歯医者さんで見てもらった時に白くはなっていましたが自分では特に変化が分かりませんでした。

 

以前の写真と見比べてみると若干の白さはあったものの
歯医者さんからは【だいたいホワイトニング治療はこんな感じだよ】と言われたので自分でもこんなもんかと納得してしまいましたが、
ホームホワイトニングを経験してみて、歯医者さんで治療してもホワイトニング用の歯磨き粉で実践してもそれほど差がなかった。

 

それが私の結論でした。

 

歯医者でのホワイトニング治療は確実に白くなることを約束するものではなく、あくまでも自己満足の世界なのでその辺りは理解してからホワイトニング治療に臨むほうがいいかもしれません。

ホワイトニング治療は保険が適用されるの?

歯医者でのホワイトニング治療は保険が適用されるかについてですが、歯医者でのホワイトニング治療は基本的に保険適用外です。

このページの先頭へ